膵臓の病気の種類

膵臓病を説明する医師

発見された時には、状態が進行してしまっていることも多いと言われる膵臓の病気。

 

もともと膵臓自体、意識している人が少ないため、膵臓の病気と言われても、なかなかピンと来ないというもいるでしょう。

 

そこでこのページでは、膵臓の代表的な病気である「急性膵炎」「慢性膵炎」「膵臓がん」などについて簡単に説明していきます。

 

-スポンサード リンク-

急性膵炎

膵臓から分泌される膵液に含まれるトリプシンというタンパク質を消化する酵素があります。
本来、このトリプシンは膵臓の中では活性化しないのですが、
なんらかの原因で活性化してしまい、膵臓自体を急激に消化してしまうのが急性膵炎という病気です。

 

急性膵炎になると、お腹の上部あたりに激しい痛みを感じると同時に、
腸の働きが低下するせいで、嘔吐や吐き気などの症状も現れることもあります。
また、重篤な症状になると、発熱や冷や汗、呼吸困難、頻脈、意識障害などが伴います。

 

重篤な場合の死亡率も高い病気ですので、
このような症状が出たら、すぐに病院での処置が必要です。

 

関連記事:急性膵炎の原因、症状、治療法は

 

慢性膵炎

主にアルコールの継続的な大量飲酒が原因で、膵液がドロドロになり、
膵管の流れが滞って、膵臓自体を消化してしまうことで、炎症が起きてしまう病気です。
こうした炎症の慢性化によって、膵臓の機能が少しずつ低下してしまいます。

 

膵臓の機能がまだ保たれている状態のときは、
腹痛、腰痛、背中痛、吐き気、腹部膨満感といった症状が現れます。

 

膵臓の機能が低下してしまうと、消化液やインスリンの分泌が減ってしまうので、
上記の症状が消え、下痢や脂肪便といった消化不良の症状や、
糖尿病や膵臓がんに発展してしまうリスクが増大します。

 

適切な治療を受けていれば、急性膵炎のように死亡率が高い病気ではありません。

 

関連記事:慢性膵炎の原因、症状、治療法は

 

膵臓がん

膵臓がんは、悪性腫瘍(がん)が膵臓にできてしまう病気です。
膵臓は胃に隠れて存在する臓器である上に、痛みを感じない臓器で、
膵臓がん特有の症状というのも特にないために、初期での発見が難しく非常に厄介。

 

最近は医療の技術も進化し、以前よりも発見されやすくなってきていると言われていますが、
それでも発見された時には、すでに周囲のリンパ節や他の臓器に転移してしまっていることが多く、
生存率がひじょうに低い状況です。

 

膵臓がんの症状は、腹痛、背部痛、腰痛、黄疸、体重減少など。
ただ、がんが小さいうちは無症状で、大きくなってきてからこれらの症状が現れることが多いようです。

 

糖尿病患者の場合、発症してから3年以内に、膵臓がんになるリスクがひじょうに高いので要注意。
また糖尿病が悪化したり、今までは大丈夫だったのに急に糖尿病になった場合、
膵臓がんなどの膵臓病を発症している疑いがあります。

 

関連記事:膵臓がんの原因、症状、治療法は

 

膵のう胞

膵のう胞とは、液体や粘液で満たされた袋状のものが、膵臓内や周囲にできてしまう病気です。

 

膵のう胞が大きくなってくると腹痛が生じますので、
以前はそれをきっかけに発見されることが多かったのですが、
今は画像検査が進歩したため、
他の検査がきっかけで無症状の段階で発見されることも増えています。

 

また、膵のう胞ができていても、
小さければ無症状なうえに、良性のものが多くそれ以上大きくならないため、
だいたい70〜80%の人は無症状のまま気付かないのも特徴です。

 

悪性の場合は、多量の液体を出しながら増殖しますので、腫瘍を切除するなどの治療が必要となります。

 

 

−スポンサード リンク−