膵臓の働きと糖尿病との関係

女性医師

人間の体は、食べたものを消化・吸収することで、血液中に取り込んだブドウ糖(血糖といいます)を主なエネルギー源として動いています。

 

しかし、なんらかの原因でそのブドウ糖を処理しきれなくなり、血液中のブドウ糖の量が多い状態が続いてしまう病気が糖尿病です。

 

このブドウ糖を処理する役目を担うのが、膵臓から分泌されるインスリンというホルモン。膵臓の機能が低下することで、インスリンの分泌が減少してしまうというのも糖尿病の原因の1つであることから、膵臓の機能と糖尿病は深い関係があると言えるのです。

 

-スポンサード リンク-

膵臓から分泌されるインスリンの働き

医師と患者

膵臓の機能の1つとして、血糖値を調整するホルモンの分泌があり、そのホルモンの1つがインスリンです。

 

膵臓内のランゲルハンス島という組織にあるベータ細胞で作られており、血糖値が上がると分泌されます。

 

このインスリンの主な働きは、血液中のブドウ糖をエネルギーとして使えるよう細胞に取り込ませて、血糖値を下げるというもの。

 

さらにそのほかにも肝臓や筋肉内でブドウ糖からグルコーゲンを合成することで貯蔵できるようにしたり、脂肪組織において脂肪の合成を促進するなどの働きもあります。

 

膵臓の機能低下すると血糖値が下げられなくなる

甘いもの

膵臓が元気であれば、十分なインスリンが分泌されますので、血糖値が高い状態が続くことはありません。

 

しかし、甘いものや脂っこい食べ物をたくさん食べたり、アルコールの過剰摂取など、偏った食生活を続けていると、膵臓にはどんどん負担がかかってしまいます。

 

膵臓は血糖値を調整するホルモンだけでなく、消化液の分泌も行っています。過度に消化の負担をかけたり、血糖値が上がりすぎる食事ばかりをしていると、膵臓の機能は徐々に低下して、本来の役割を果たせなくなっていくのです。

 

その結果、血糖値が上がったときに分泌されるインスリンの量が減ってしまい、血糖値が高い状態が継続する糖尿病を発症させてしまうのです。

 

糖尿病予防には肥満の解消が必須

肥満

肥満は糖尿病の大きな原因となります。肥満になると、脂肪細胞が肥大した「肥満細胞」が増えてしまいます。

 

この肥満細胞からは悪玉物質が発生。インスリンと結合することで、ブドウ糖を細胞内に取り込む役目をする「インスリン受容体」の数を減らしてしまいます。

 

このインスリン受容体の数が減ってしまうと、膵臓から十分なインスリンが分泌されていても、血糖値を正常値まで下げることができなくなり、糖尿病を発症することとなります。

 

さらに悪いことに、なかなか下がらない血糖値をなんとかしようと、膵臓はインスリンの分泌を続けてしまいます。そして、いずれは膵臓は疲弊してインスリンの分泌量が減ってしまい、糖尿病が重症化していくのです。

 

肥満は糖尿病だけでなく、高血圧や高脂血症など、さまざまな病気のリスクが高くなりますので、食生活の改善や適度な運動をするなどして、早急に解消するよう努力しましょう。

見た目はそれほど太っていなくても、内臓脂肪型肥満のうえで運動不足の方は、そうでない人に比べて、必要なインスリンの量が数倍になると言われていますので注意が必要です。

 

インスリン生成に必要な亜鉛の不足に注意

牡蠣

インスリンの生成・貯蔵・分泌に関わる重要な栄養素として亜鉛があげられます。

 

亜鉛は日本人が不足しがちな栄養素の1つで、亜鉛が不足してしまうと十分なインスリンを生成できなくなってし、膵液(消化液)の合成にも関与している膵臓には関係の深い栄養素です。

 

亜鉛が多く含まれる食べ物は、牡蠣やスルメ、ニボシ、レバー、ゴマ、アーモンドなど。特に牡蠣には圧倒的に多くの亜鉛が含まれていることで知られています。

 

よって、日頃からこれらの食べ物を摂るようにすると同時に、サプリメントも利用することで亜鉛不足を解消すると良いでしょう。

 

特に牡蠣のサプリメントはおすすめ。牡蠣は「完全栄養食」とも呼ばれており、バランスの良い栄養素が摂れますし、亜鉛が豊富なうえに、膵臓の保護作用を持つタウリンも多く含まれていますので、検討してみてください。

 

牡蠣サプリメントのおすすめランキングはこちら

 

血糖値を下げたい方へおすすめのサプリ

第1位【白井田七】

第2位【桑ポリス】

第3位【アラプラス 糖ダウン】