膵臓の働きにより分泌されるインスリンの血糖値調節作用

インスリンについて説明する医師

膵臓は血糖値を下げるためには欠かせない、インスリンの分泌を行っている器官です。

 

基本的に私たちの体内にあるホルモンの中で、血糖値を下げる働きをしてくれるのは、この膵臓から分泌されるインスリンのみです。

 

このページでは、インスリンと血糖値との関係についてのお話をしていきたいと思います。

インスリンが血糖値を下げる仕組み

人間は誰しも、食事によって血糖値が上昇する仕組みとなっています。
体内に入ってきた食べ物が消化・吸収され、
血液中のブドウ糖が増えるために血糖値の上昇が起こるわけです。

 

こうして血糖値が上昇すると、膵臓からインスリンを分泌され、
上昇した血糖値を下げることで調節することができているのです。

 

インスリンが血糖値を下げる仕組みをもう少し具体的にお話すると、
細胞膜にはインスリン受容体というものがあります。
これは例えて言えばドアの鍵だと思って下さい。対してインスリンが鍵そのものとなります。

 

つまり、インスリンとインスリン受容体が結びつくことで、ドアが開くことになります。
こうして開いたドアから血液中のブドウ糖が細胞の中へと出て行きます。
その結果、血液中のブドウ糖が減少し、血糖値が下がるのです。

インスリンの分泌が正常に行われるためにも…

このように、膵臓は唯一血糖値を下げる役割を持つ、
インスリンの分泌を行ってくれている大切な臓器です。

 

仮に膵臓に負担をかけるような食生活や生活習慣を続けていて、膵臓の機能が弱まってしまうと、
インスリンの分泌も正常に行われなくなってしまうことになります。
その結果、血糖値が上昇したままとなり糖尿病に繋がってしまう可能性も否めません。

 

そうした病気を未然に防いでいくためにも、
普段から膵臓の健康のことも視野に入れていくようにしましょう。

 

食事や生活習慣、ストレスなど様々なことが膵臓に負担をかけてしまうことへと繋がります。
なかなか聞き慣れない臓器でもありますので、ついつい忘れてしまいがちですが、
知らないうちに状態が悪くなっていた…というのは悲しいですよね。

 

今は膵臓などをサポートするのに適したサプリメントも存在していますので、
そういったものを利用したり生活を見直すなどして、膵臓の健康も維持していくよう努めていきましょう。

 

インスリンの生成に必須な亜鉛を十分摂ろう

亜鉛が豊富な牡蠣

インスリンの分泌を促進するために、亜鉛を摂ることはとても重要なことです。

 

亜鉛はインスリンを生成するために絶対に必要なもので、不足してしまうと十分な量のインスリンを生成できなくなってしまい、血糖値の上昇に繋がってしまいます。

 

亜鉛が多く含まれている食材としては牡蠣が有名。
牡蠣は「海のミルク」とも呼ばれており、たんぱく質やオルニチン、グリコーゲンなど、さまざまな栄養素が豊富に含まれているとても健康に良いものなのです。

 

膵臓を保護することでインスリンの分泌をサポートする、タウリンという成分も多く含まれていますので、
インスリンの分泌をサポートするうえで、牡蠣はひじょうに有用な食材と言えるでしょう。

 

厚生労働省の調べによると、日本人の亜鉛摂取量は不足している傾向にあるようです。
サプリメントを利用するなどして、毎日十分な量を摂取できるよう心がけましょう。

 

⇒おすすめの牡蠣サプリはこちらから

 

血糖値を下げたい方へおすすめのサプリ

第1位【白井田七】

第2位【桑ポリス】

第3位【アラプラス 糖ダウン】