喫煙は膵臓ガンや膵炎のリスクも高まる

人によってはストレス解消の1つである喫煙ですが、
百害あって一利なし、という言葉があるように、喫煙が体に与える影響は悪いものばかりです。
そう言われていても、長年を共にしていればしているほど、簡単に辞めることができないのが厄介なところ。

 

体に悪いのは知っているけど、辞めるとイライラするし…。
と、そんな理由からずるずる付き合い続けている人は多いでしょう。

 

確かに辞めるのも大変な喫煙ですが、前述した通り体内のあらゆる面に悪影響を与え続けます。
特に、日頃なかなか意識しない膵臓にも、悪影響を与えていること、ご存知ですか?

 

そこで、煙草が膵臓に与える悪影響についてお話しましょう。

 

この記事を読むことで、煙草が誘発する膵臓への恐ろしいリスクを知ることができます。
普段意識しない臓器だからこそ、正しい知識を得て少しずつ喫煙によるリスクを低くしていきましょう。

 

-スポンサード リンク-

喫煙は急性膵炎の発症リスクを大幅に高める!?

急性膵炎には、胆石が関係していることが多いです。
しかし、スウェーデンの研究グループが調べた結果、喫煙をしている人は胆石とは関係なく、
急性膵炎を発症する可能性が高くなるということが分かっています。

 

具体的な研究データでは、1年あたり20箱以上のタバコを吸っている人は、
全く吸っていない人に比べて急性膵炎の発症リスクが2倍にもなるのです。
もちろん、ここでの急性膵炎の原因は胆石が絡むものではありません。

 

また、リスクが高くなるのは1日に何本吸ったか、
というタバコの量ではなく喫煙している期間が深く関係しているのです。
そのため、元々喫煙していた人が20年間禁煙すると、
非喫煙者と同じくらいまで急性膵炎発症のリスクを低下させることができることも分かっています。

喫煙による活性酸素の上昇が急性膵炎を更に重症化することに…

急性膵炎の重症化には、活性酸素が深く関与していると言われています。
活性酸素と言えば、喫煙によって体内で上昇するものの1つ。
煙草を吸えば吸うほど、体内の活性酸素は増えていくので、
膵炎を発症している場合、その症状をどんどん悪化させてしまうことになります。

 

また、喫煙によって炎症を起こしている細胞まで、
無理矢理働かせることになるとも言われており、これが炎症をどんどん悪化させるのです。

喫煙が膵臓を損傷させる…?タバコの恐ろしい話

煙草の煙は、膵臓の機能を低下させるだけでなく、
形態を変化させてしまうとも言われているのをご存知ですか?
つまり、喫煙によって知らないうちに、どんどん膵臓を損傷させてしまうことになります。

 

膵臓の細胞が傷つくことで、膵炎に発症するリスクが高まるだけでなく、
最悪膵臓がんに繋がる可能性も大幅に上がるため、注意が必要です。

 

特にがんは転移することもある、非常に恐ろしい病気の1つ。
膵臓は胃の裏側に位置していることもあって、がんを始めとした病気に気付きにくいものです。
知らないうちに悪化して手遅れ…という結末を防ぐためにも、喫煙はなるべく控えていくのが望ましいと言えるでしょう。

 

急性膵炎も膵臓がんも、共に重症化するまで放置してしまう人が多い病気と言われています。
そして、これらの病気を助けてさらに酷い状況へと導いてしまうのが、喫煙なのです。

 

特に最近の日本では、喫煙の他にもストレスや運動不足、脂っこい食事など、
知らないうちに膵臓に負担をかける要素がたくさん転がっています。
少しでも膵臓へ与えるリスクを少なくするためにも、喫煙を控える努力をするよう心がけてみてくださいね。

 

−スポンサード リンク−