急性膵炎の原因と症状とは

急性膵炎とは、膵臓から分泌されるタンパク質を消化するトリプシンという酵素が、膵臓内で活性化してしまい、膵臓自身を急激に消化してしまう病気です。

 

この急性膵炎は軽症であればいいのですが、重篤な場合は、胃、肺、腎臓、腸などにも同時に炎症を起こしてしまう多臓器不全により、命にかかわる場合もあるので早急な処置が必要となります。

 

2007年に行われた難病情報センターの調査では、急性膵炎で診療を受けた患者数は57,560人。発症する年齢は男性が50代、女性は70代が最も多く、そのうち2割の人に重症化が見られたそうです。1987年以降、患者数は増加を続けており、現時点では急性膵炎にかかる人はさらに多くなっていることが予想されます。

 

-スポンサード リンク-

急性膵炎の原因は

急性膵炎の主な原因は飲酒と胆石症があげられます。この2つの原因とする急性膵炎が半数以上を占めており、男性は飲酒、女性は胆石症が一番多い原因となっています。

 

お酒を継続的に大量に飲んでいると、アルコール成分が膵臓の細胞を破壊したり、十二指腸に繋がる膵管や総胆管のあたりにむくみが発生する可能性が高まります。それらを原因として、本来は十二指腸に流れ出してから活性化するはずの膵液(消化酵素)が、膵臓内で活性化してしまい、膵臓を溶かしてしまうのです。

 

また、胆石症になると、膵管の十二指腸への出口を胆石が塞いてしまう可能性があり、そうなると膵液の流れが滞ったあげく活性化して、膵臓を溶かしてしまうのです。

 

飲酒と胆石症以外の原因としては、慢性膵炎や高脂血症、突発性のもの等が考えられます。

 

急性膵炎の症状は

急性膵炎で最も多いのが、胃やおへその上辺りの腹痛で、吐き気や嘔吐も伴います。

 

多量の飲酒や脂っこいものを食べた後に発生することが多く、軽い痛みの場合もあるようですが、多くが立っていられないほどの激痛に苦しめられます。アルコールや食べ物が入ることで膵液が分泌されますので、それが急激に膵臓を自己消化を始め、それが激痛となって現れるわけです。

 

その他の症状としてあげられるのは、食欲の低下や腹部の膨満感、発熱、背部の痛みなど。重症の場合は、発熱、冷や汗、血圧低下、呼吸困難、頻脈といった症状が現れ、命の危険性もあるため、すぐに病院での処置が必要となります。

 

異常な痛みを感じたらすぐに病院に行ってください。激痛の場合はまともに歩くこともできませんので救急車を呼びましょう。急性膵炎の約2割に重症化が見られ、重症化した場合の致死率は30〜50%もあると言われています。手遅れにならないように速やかに行動するようにしてください。

 

−スポンサード リンク−